全国対応、お客様負担なし
092-410-0466 店頭買取はこちら
サックス馬鹿ブログ

YSS-82ZRの買取実績【YAMAHA ソプラノサックス 買取価格有】

目次

YSS-82ZRの評価

<↑Yamaha YSS-62ZRのデモ動画です by SaxquestShop>

 

ヤマハ YSS-82ZRはYSS-82Zのカーブドネック版です。ジャズにちょっと詳しいプレイヤーなら、YSS-82ZRは一度は吹いてみたい、と思うソプラノサックスの1つです。

 

ヤマハのソプラノサックスの中では、「YSS-62」が過去 最も評価の高い機種だと思います。

数々の海外有名プレイヤーでも愛用している人が多く、生産完了になってしまった今でも探している人がいるモデルです。

YSS-82Zはこの「YSS-62」を復活させる、というコンセプトで開発されました。もちろん名前が違うのですから、「さらにパワーアップ・改良」という思いを込めてあるのです。

中でもウェイン・ショーター氏(1960年代半ば~後期、マイルスの黄金クインテット期サックス奏者)が愛用しているYSS-62R(カーブド・ネック)は人気があり、この後継機種となるのがYSS-82ZR(カーブド・ネック)というわけです。

 

ソプラノにはYSS-875のようにデタッチャブル・ネック(ネック取替式)のものがあります。

ネック取替式の方が、2通り楽しめてお得感も高いので、「ソプラノは全部デタッチャブルにしたらいいのに」

と思われる方も多いと思いますが、実はソプラノサックスの場合、管体の造りが音に与える影響が想像以上に大きいです。

なので、デタッチャブル式のカーブド・ネックと、取替の出来ないカーブド・ネックタイプは、音の個性が大きく変わってきます。

ソプラノの音に自分なりのイメージがある方は、デタッチャブル式とそうでない式のどちらも試奏される事をおすすめします。

このYSS-82ZRはデタッチャブルではないカーブド・ネック式です。

吹奏感はかなりYSS-62Rに近いです。(個人的感想)

 

YSS-82ZRをお持ちの方、当店では82ZRの開発背景や「YSS-62Rとくらべてどうか」という事も全て、音ヌケ査定によって

買取り価格に反映させていただきます。

メーカー名や機種のグレードだけで買取り価格を決める大半の総合楽器店の買取りより、高く買取る可能性大!です。

ぜひサックス専門買取りの「サックス買取ラボふくおか」で

音ヌケ査定を試してみてください。

 

ヤマハ ソプラノサックスの買取価格表はこちらです。

 

買取価格は160,000円  2020年6月実績 S様

 

今回紹介させて頂くのは

ヤマハ ソプラノサックス YSS-82ZRB ブラックラッカー仕上げです。

 

ヤマハ サックス最高峰クラスであるカスタムモデル「82Z」のカーブドネックタイプです。

 

 

ブラックラッカー仕上げは、「特別生産モデル」ということもあり
中古市場に出ている数は少ないと思います。

 

つまり、なかなかのレア管体です^_^

 

 

正直、買取のお問い合わせが来た時点で
テンションが上がり、

 

(音抜け査定のために)送って頂ける段取りが決まると

更に興奮してしまいました。

 

しかもこの管体、かなりの美品なんです。

 

前オーナーさまが使用された期間は2年程だそうですが

しっかりとお手入れされていたおかげで

 

ピッカピッカの状態です。

 

調整後、次の方に引き継がせて頂きます。

 

「買取できてよかった」、「お客様(前オーナーさま)に満足してもらえてよかった」と、

ホッとしたところで

早速この記事を書かせてもらいました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!


無料宅配買取のお申込みはコチラ

お問い合わせはこちらから

サイト内検索はこちら
お客様の声

カテゴリー

買取参考価格表