全国対応、お客様負担なし
092-410-0466 店頭買取はこちら
サックス馬鹿ブログ

boosey&hawkesのアルトサックス『EDGWARE/エッジウェア』を買取りさせて頂きました。

今回はBoosey&Hawkesのアルトサックスです【EDGWARE/エッジウェア】

珍しいサックスが入ってきました。「Boosey&Hawkes」社製のアルトサックス「EDGWARE/エッジウェア」です。

ジャズやポップス系の方にはほとんど馴染みがないメーカーですね。

Boosey&Hawkesはイギリスのメーカーで、1930年頃まではサックスや金管楽器を製造販売していました。

クラシック方面では当時有名だったメーカーです。

Boosey&Hawkes(ブージー・アンド・ホークス)社は現在では楽器販売ではなく、音楽関係の出版社になっています。

フランスでもヨーロッパでもない、イギリス製のサックス。珍しいですね。ちなみにこの「エッジウェア」とは、イギリスのロンドン当別区にある地名のようです。

wikipediaで調べてみると、どうもこのEDGWAREに工場があったみたいですね。ちょうどアメリカのメーカーC.G.ConnやMARTINのサックスに、

当時工場のあった『ELKHART/エルクハート』と地名が刻印されているのと同じ感覚でしょうね。

音はとても丸く、良い意味でくぐもっていて30年代らしい音色です。

タンポはもちろん交換が必要な状態ですが、当時のレゾネーターがないタンポで、そのせいかほんとうに素朴で

優しい音です。

同時期のアメリカ産サックス、C.G.Connほど太い音ではなく、Martinほど細い訳ではない、という絶妙な個性です。

スウィング~バップ期のプレイを再現したい方で、コーンでは音が強すぎるな…という方には楽しめる個体だと思いますね。

 


無料宅配買取のお申込みはコチラ

お問い合わせはこちらから

サイト内検索はこちら
お客様の声

カテゴリー

サックス買取参考価格一覧
メニュー
  • 初めての方へ
  • 最新買取実績
  • よくある質問
  • 中古販売(ネットショップ)
  • ヤフオク
  • メール問合せ