全国対応、お客様負担なし
092-410-0466 店頭買取はこちら
サックス馬鹿ブログ

アルトサックス conn 6M買取りました!~買取情報

今回ご紹介の買取り商品はビンテージ!(というよりアンティークですね) アルトサックス「コーン 6M」です☆

conn1

今回は60,000円で買取りさせて頂きました!

 

目立ったヘコみはありませんでした。B♭より下の音が出にくいですが、まだ音を出して演奏を楽しむ事は出来ます♪

コーン(conn)はなんといってもその丸く太い音が魅力です。現在は製造されていないので、(現在のコーン社は、セルマー社に買収されたもので、

この頃のブランドとは別ブランドになります)

中古として出回っている個体の中から探すしかありません。

この6Mは、コーンの中でも人気があるモデルで、仕上げもラッカー・シルバー・ニッケルなどいろいろあります。

ベル部の彫刻に特徴があり、たいてい女性が彫ってある事から別名「ネイキッド・レディ」とも言います。

conn2

↑この個体にも女性が彫ってあります。この女性の描き方もいろいろな種類があります。

コーンがセルマーのビンテージに比べて、あまり浸透していない理由は、

まずそのキー操作にあると思います。

殆どの個体が、1920~1940年頃のもので、まだセルマーのサックスが「スタンダード」として世に定着する前の楽器なので、替え指用のキーがなかったり、サイドキーがかなり扱いにくかったり…と慣れるまでにかなり練習が必要です。

それでもこのコーン 6Mは、コーンの他のモデルよりテーブルキーの形が現在のサックスに近い方なんです。

ヤマハやセルマーなど、原行の楽器を使用していた方が乗り換える時には、かなり苦労します。

それでも一度、この音に慣れてしまうと、現行品のキラキラした音にはない「コーン独特の音」の虜になります。^^

キャノンボールやカイルベルトとは全く違う音の「太さ」。どの個体も今ではかなり古い楽器になってしまうので、古い楽器故の音の不安定さというデメリットはありますが、骨董品として飾っておくにはもったいない、ぜひ演奏で使って頂きたい楽器です。

 

 

当店の音ヌケ査定なら、メーカー名で一律の査定額を決めるのではなく、吹奏感・こだわり箇所も査定に加味できますので、

ランク・ブランドを超えた査定額を期待できるかも!?

査定のお問い合わせお待ちしております☆

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

当店では、サックスプレイヤーでもある担当が、貴方の愛器を試奏させて頂き、適正な買取価格を付けさせて頂きます★

使わなくなって眠らせているサックスございましたら、ぜひ

「サックス買取lab ふくおか」にご連絡ください!

<サックス買取ラボ ふくおか>☆ネット買取受付中!実店舗は福岡県 古賀市

持ち込みでの買取りも大歓迎です!!福津市 宗像市 福岡市内 周辺からのお持ち込み

お待ちしております☆

☆☆☆「アナタの楽器を即査定!」→査定ページはこちら♪ ☆☆☆


無料宅配買取のお申込みはコチラ

お問い合わせはこちらから

サイト内検索はこちら
お客様の声

カテゴリー

サックス買取参考価格一覧
メニュー
  • 初めての方へ
  • 最新買取実績
  • よくある質問
  • 中古販売(ネットショップ)
  • ヤフオク
  • メール問合せ