全国対応、お客様負担なし
092-410-0466 店頭買取はこちら
サックス馬鹿ブログ

サックスを高く売ろう! サックスのタンポについて

│ 2016年2月27日 │ カテゴリー: 買取強化中 音ヌケ査定

サックスを高く売るコツ、今回は「タンポの状態」についてです。

タンポとは、サックスの「トーンホール」を押さえる弁の内側についている、茶色いヤツの事です。

tampo

<↑茶色く見えている部分が「タンポ」です。>

このタンポは、革でできています。(ケルントナー社製など一部のサックスは、ゴム製のものもあります)

革製なので、湿気に弱く、気をつけていないとすぐにカビが生えてしまいます。

もともと湿気の高いトーンホールを、なぜあえて湿気に弱い革で塞ぐのか謎ですが、このタンポはカビでしまうとトーンホールにくっついてしまったり、

ひどい場合は、革が破れてしまったりします。

もちろん、このタンポがダメになると音が出なくなりますので、タンポの状態は査定に大きく影響します。

出来れば、査定の前にお手入れしておくと良いです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

当店では、サックスプレイヤーでもある担当が、貴方の愛器を試奏させて頂き、適正な買取価格を付けさせて頂きます★

使わなくなって眠らせているサックスございましたら、ぜひ

「サックス買取lab ふくおか」にご連絡ください!

<サックス買取ラボ ふくおか>☆ネット買取受付中!実店舗は福岡県 古賀市

持ち込みでの買取りも大歓迎です!!福津市 宗像市 福岡市内 周辺からのお持ち込み

お待ちしております☆

☆☆☆「アナタの楽器を即査定!」→査定ページはこちら♪ ☆☆☆


無料宅配買取のお申込みはコチラ

お問い合わせはこちらから

サイト内検索はこちら
お客様の声

カテゴリー

サックス買取参考価格一覧
メニュー
  • 初めての方へ
  • 最新買取実績
  • よくある質問
  • 中古販売(ネットショップ)
  • ヤフオク
  • メール問合せ