全国対応、お客様負担なし
092-410-0466 店頭買取はこちら
サックス馬鹿ブログ

yamaha yss-62 ヤマハ ソプラノサックス 買取り強化中!!【初代yss-62/後期yss-62】

只今 全国よりyamaha YSS-62を強化買い取り中!の「サックス買取ラボふくおか」です。

“62”の名前から察しがつく通りプロモデルとして長く人気の「YSS-62」です。

その歴史は長く、初代YSS-62(R)は1978年に発売されています。ちなみにこの前モデルでYSS-61があります。

以前も書きましたが、ヤマハにテクニカル・アドバイザーとしてユージン・ルソー氏が招かれて初の開発機種という事と、(→こちらの記事を参考にしてください。→「YAMAHA ヤマハ YAS-62買取ります!~買取情報」)今では「大量生産」体制のヤマハが殆どハンドメイド(工作機械はもちろん使っていますが)に近い手法で試行錯誤の上に作り上げた機種、という事で

ソプラノにかぎらず初代62シリーズは未だに信頼されている「ジャパン・ビンテージ」です。

下の動画のように、海外でも「purple label」として初代62は人気です。

<↑YSS-62 初代 “purple label”のデモです。 by John McCormick

1990年に875が「カスタム」として登場する事で、「ヤマハ最上位機種」の座をゆずり、生産完了となった62ですが、ソプラノサックスは、YSS-62の世界的人気に2004年に再び開発される事になります。

この「再開発されたYSS-62/62R」が、2011年に「YSS-82Z/82ZR」として世に出ることになるのです。

開発の詳しい内容は、ヤマハさんのページを参考にしてください。以下は一部抜粋です。

これまで多彩なソプラノサクソフォンを生み出してきたヤマハですが、2011年10月に発売されたYSS-82Z/YSS-82ZRは「Z系楽器」*と呼ばれ、ビンテージモデルYSS-62(通称62)をベースにしたもの。62は国内外のトッププレイヤーの多くが所有する伝説のモデルで、復刻を望むファンの声もあったことから、2004年秋に開発がスタートすることになりました。
<楽器探訪 ANOTHER TAKE Vol.31より抜粋>

かのウェインショーター氏が愛用していたのを始め(氏が使用していたのはYSS-62SR)、ジャズ界ではビンテージ化しているYSS-62ですが、初期モデル、後期のものなど音ヌケ・音質から正当な査定を致します。是非当店の「音ヌケ査定」お試しください!

 

当店の音ヌケ査定なら、メーカー名で一律の査定額を決めるのではなく、吹奏感・こだわり箇所も査定に加味できますので、

ランク・ブランドを超えた査定額を期待できるかも!?

査定のお問い合わせお待ちしております☆

 

<突然ですが、ここで当店の在庫情報です>——–

現在販売しているyamaha YSS-62は以下のショップでご確認ください。

ヤフオク! (ヤフーオークション)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

当店では、サックスプレイヤーでもある担当が、貴方の愛器を試奏させて頂き、適正な買取価格を付けさせて頂きます★

使わなくなって眠らせているサックスございましたら、ぜひ

「サックス買取lab ふくおか」にご連絡ください!

<サックス買取ラボ ふくおか>☆ネット買取受付中!実店舗は福岡県 古賀市

持ち込みでの買取りも大歓迎です!!福津市 宗像市 福岡市内 周辺からのお持ち込み

お待ちしております☆

☆☆☆「アナタの楽器を即査定!」査定ページはこちら♪→今すぐサックスの査定額を調べる ☆☆☆

☆☆☆ソプラノサックスの機種別詳しい買取額はこちら♪→ソプラノサックス 買取価格 参考リスト ☆☆☆

 


無料宅配買取のお申込みはコチラ

お問い合わせはこちらから

サイト内検索はこちら
お客様の声

カテゴリー

サックス買取参考価格一覧
メニュー
  • 初めての方へ
  • 最新買取実績
  • よくある質問
  • 中古販売(ネットショップ)
  • ヤフオク
  • メール問合せ