全国対応、お客様負担なし
092-410-0466 店頭買取はこちら
サックス馬鹿ブログ

yamaha YTS-475 テナーサックス 買取り致します!【275・475シリーズの違い】

当店では全国的にヤマハ YTS-475 テナーサックスを強化買取り中です。

<↑yamaha YTS-475 のデモ動画 bySeth Marshalek

yamahaのYTS-475はちょうどヤマハ・サックスの中堅機にあたります。現行でいうと、YTS-480と同じです。(もちろん475より480の方が進化しています。)

YTSの「2」シリーズ(YTS-275やYTS-24など)よりはグレードが上で、「2シリーズよりちょっと高いけど、後々まで使えるサックスの中で一番安い価格帯」という位置づけですね。※YTS-375というのはありません。次の(現行の)シリーズでは、YTS-280,YTS-380,YTS-480となっています。

YTS-275とYTS-475は何が違うのかを簡単にうと、「パーツのお金のかけかた」といえると思います。基本的に2管とも管体は同じ、キィガードなどのパーツが「安いもの」がついているか「高いもの」が付いているか、の違いになっています。

【YTS-275】

キィガードが「Jガード」タイプ。(初代YAS-62と同じ形)

2

<↑以前もご紹介した、YAS-62初代のJガード。(一体型キィガード)ちなみにフュージョン系サックスプレイヤーとして有名なDAVE KOZ氏愛用のYAS-62もこのJガードタイプです。>

【YTS-475】

キィガードがセパレート。

後はネックが違います。

sepa

 

<↑ YAS-24Ⅱのセパレート・キィガード>

 

キィガードに関しては、個人的に「Jガード」と「セパレート」の違いにメリット、デメリットは感じません。現に上の画像のYAS-24Ⅱも、「2」クラスですが、セパレートタイプのキィガードです。しかし!ネックの違いは大きいです。吹いてみると、管体の厚さを変えてあるんじゃない?と感じるくらいに音の太さ、抵抗感が違います。

当店ではYTS-275もYTS-475も買取り大歓迎です!YTS-475は音ヌケの違いも期待できます。ぜひ当店で音ヌケ査定してみてください!

当店の音ヌケ査定なら、メーカー名で一律の査定額を決めるのではなく、吹奏感・こだわり箇所も査定に加味できますので、

ランク・ブランドを超えた査定額を期待できるかも!?

査定のお問い合わせお待ちしております☆

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

当店では、サックスプレイヤーでもある担当が、貴方の愛器を試奏させて頂き、適正な買取価格を付けさせて頂きます★

使わなくなって眠らせているサックスございましたら、ぜひ

「サックス買取lab ふくおか」にご連絡ください!

<サックス買取ラボ ふくおか>☆ネット買取受付中!実店舗は福岡県 古賀市

持ち込みでの買取りも大歓迎です!!福津市 宗像市 福岡市内 周辺からのお持ち込み

お待ちしております☆

☆☆☆「アナタの楽器を即査定!」査定ページはこちら♪→今すぐサックスの査定額を調べる ☆☆☆

 

 

 

 


無料宅配買取のお申込みはコチラ

お問い合わせはこちらから

サイト内検索はこちら
お客様の声

カテゴリー

サックス買取参考価格一覧
メニュー
  • 初めての方へ
  • 最新買取実績
  • よくある質問
  • 中古販売(ネットショップ)
  • ヤフオク
  • メール問合せ