全国対応、お客様負担なし
092-410-0466 店頭買取はこちら
サックス馬鹿ブログ

Cannonball キャノンボール TVR-20BR “The Brute” テナー 買取強化中★

ただいま「サックス買取ラボふくおか」では、キャノンボールのテナーサックス TVR-20BR “The Brute”を強化買取中!!

<↑Cannonball “The Brute”の試奏動画です byCannonball Music>

キャノンボールです。キャノンボールというメーカーは個人的には2000年に入ってから突如彗星の如く現れたメーカー、という印象です。その頃からちらほら「海外のプロアーティストが絶賛している」とか「セルマーから乗り換えているプロがいる」などという情報を主にジャズ、フュージョン専門誌で見かけるようになりあっという間にセルマー、ヤマハ、ヤナギサワ、カイルベルトと肩を並べる知名度となっていきました。

キャノンボールはブランド自体はアメリカのブランドですが、製造は台湾で、パーツは日本製、タンポやスプリングはイタリア製という事で、

「本体のコストを大きく抑える代わりに、機能面は妥協せず、しかもデザインにも重点を置く」というブランドコンセプトが見て取れます。

キャノンボールの特長は大ざっぱに言って「使えるのにオシャレ」という所でしょう。キャノンボールが出てくるまでは、サックスのデザインに力を入れるメーカーは無かったと思います。最近ではキャノンボールのデザイン性が浸透したお陰で、他社もデザインに注力せざるを得ない流れになっていますね。

サックスは高価ですから、「持っている事が嬉しい」と感じさせるデザイン性も必要だと個人的には思います。

買取強化中のTVR-20BR “The Brute”もサックス好きのツボを良くわかったデザインですね。旧いビンテージのような色あいと彫刻。昔のキング(King)のスペシャル彫刻モデルのように細部まで凝ってます。

同じキャノンボールの”RAVEN”(レイブン)なんかは、彫刻がプリント印刷のような感じでちょっとがっかりしましたが、”The Brute”(ザ・ブリュート)はそんな事はありませんね。

当店の音ヌケ査定なら、メーカー名で一律の査定額を決めるのではなく、吹奏感・こだわり箇所も査定に加味できますので、

ランク・ブランドを超えた査定額を期待できるかも!?

査定のお問い合わせお待ちしております☆

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

当店では、サックスプレイヤーでもある担当が、貴方の愛器を試奏させて頂き、適正な買取価格を付けさせて頂きます★

使わなくなって眠らせているサックスございましたら、ぜひ

「サックス買取lab ふくおか」にご連絡ください!

<サックス買取ラボ ふくおか>☆ネット買取受付中!実店舗は福岡県 古賀市

持ち込みでの買取りも大歓迎です!!福津市 宗像市 福岡市内 周辺からのお持ち込み

お待ちしております☆

☆☆☆「アナタの楽器を即査定!」査定ページはこちら♪→今すぐサックスの査定額を調べる ☆☆☆

 

 


無料宅配買取のお申込みはコチラ

お問い合わせはこちらから

サイト内検索はこちら
お客様の声

カテゴリー

サックス買取参考価格一覧
メニュー
  • 初めての方へ
  • 最新買取実績
  • よくある質問
  • 中古販売(ネットショップ)
  • ヤフオク
  • メール問合せ