全国対応、お客様負担なし
092-410-0466 店頭買取はこちら
サックス馬鹿ブログ

ヤナギサワ A-902 アルトサックスの修理が終わってお客様が愛器を取りに来られました。

今回は以前サックス買取ラボふくおかでヤナギサワ yanagisawa A-902をご購入されたお客様がご来店されました★

今日(土曜日)は朝から当店でサックスを購入されたお客様が、修理に出していたサックスをお店まで取りに来られました。

お客様のお名前は菅山さんと言います。以前、サックス買取ラボふくおかでヤナギサワのアルトサックス「A-902」をご購入されたお客様です。

このA-902は菅山さんのサックス人生で2代目の愛器となります。菅山さんはお子様がまだ小さく、お仕事もお忙しいにも関わらず少しの時間を見つけてコツコツ練習される程、サックスを愛していらっしゃいます。

初めてサックス買取ラボふくおかに現れた(笑)時は、音が出ない所があるMAXTONEを持っていらっしゃいました。聞くと、「自分が未熟なせいで」どうしてもでにくい音がある、との事。試しにそのMAXTONEを吹かせてもらうと、あきらかに「楽器のせい」で音が出ない状態です。

一度修理に出されたらしく、それでも音がちゃんと出ないので「自分の未熟さ」のせいだと思っていたそうです。

廉価サックスは結構こういう事があります。修理や再組立を考えた作りになっていない事でコストダウンを図っている部分もあるので、壊れてしまうと修理が完全に出来ない場合があるようなのです。

そんな事がきっかけでウチに通ってもらううちにご購入に至ったのが、現在の愛器「ヤナギサワ A-902」なんです。

 

菅山さん、毎日練習するあまり(?)スタンドからこのヤナギサワ A-902を落としてしまったそうで、幸いへこみはなかったのですが、キィの動きに支障が出てしまい当店に修理に出されていました。

サックス買取ラボふくおかでは、サックスの修理・メンテに関しては私が福岡で一番信用している修理工房に修理とメンテナンスをお願いするようにしています。

この修理工房さんは2店あるのですが、どちらも現行機種はもとよりオールドサックス、ビンテージサックスに特に精通していらっしゃる確かな腕のお店です。

そして今回の修理も問題なく、バッチリ修理して頂き私自身も試奏して吹き心地をチェックした上で菅山さんにお電話しました。

修理に出される時、1日でもサックスが失くなると心許ない、との事だったので、修理に出されている間は私が自分で所有しているボロボロの「MAXTONE」をお貸ししていました。

お店に来られて「ひさびさのMAXTONEどうでした?」とお聞きしたら「いやぁ、今回MAXTONEは全く吹かなかったです。やっぱり自分のA-902が良いので」とのお返事。これは意外だったので嬉しくもあり、ホッともしました。

何故かと言うと、実は菅山さんに一度このMAXTONEをお貸しした事があり、その時はかなり私のMAXTONEを気に入られていて、YANAGISAWA A-902を購入されて2週間くらい経った時も「娘が前(MAXTONE)の音の方が好き、と言ってるんですよ…」とおっしゃっていたからです。

 

サックスを新しく買おうかどうしようか…と菅山さんが迷われている時に、菅山さんが好きな音色や吹きたいなと思う曲の話をお聞きしながら、この方は「音の綺麗さ」にサックスの魅力を見出されているんだな、と感じました。そこでお店にあったヤナギサワ A-902を吹いてもらったのです。

ブロンズブラスという個性的な素材で他のサックスと比べてキラっと光るようなユニークな音と色味。しかも吹き慣れてくると中音域~高音域の音を綺麗に響かせる事が次第に楽しくなるこのサックスが、菅山さんのイメージにぴったりだったようで、ご購入に至ったのでした。

このヤナギサワA-902も、以前の持ち主の方がとてもサックスを愛されている方だったので「次に使って頂く方もサックスを大事にされる方に」と思っていたのですが、菅山さんが私のお貸ししたMAXTONEを持ってお店に現れる度に、最初はドレミファソラシドもままならなかったのが、みるみるうちに簡単な曲を譜面なしに披露してくださるようになり、「この方ならずっと大事に使ってくれるだろう」と思いおすすめしました。

そんな経緯もあって購入直後の菅山さんの素直な感想は、私自身少し不安になったのですが、やはり吹かれていくと徐々にA-902をコントロール出来るようになったようで、MAXTONEよりも断然楽しくなり、もう全くMAXTONEには未練がないようです。

「お借りしたMAXTONEは吹かなかったのでブランクがありますが」と言いながらヤナギサワ A-902を吹かれていましたが30分位もすると

いつもの感じに。録音した自分の出音を確認してもらい納得して頂いてから愛器をお返ししました。

今現在の菅山さんの目標は、「このヤナギサワ A-902をカスタム状態に戻すこと。」だそうです。

このヤナギサワ A-902、前の持ち主さんがちょっとしたカスタマイズを施していて、菅山さんにお渡しする際、相談の結果、菅山さんご本人の希望で腕が上達するまでノーマルに戻す事にしたんです。

菅山さん、結構ひょうきんなお方なんですが、サックスに関してはかなりストイックで感心させられます。

今はお忙しいでしょうがまたお時間できたらいつでもサックスを持って遊びにきて下さいね!


無料宅配買取のお申込みはコチラ

お問い合わせはこちらから

サイト内検索はこちら
お客様の声

カテゴリー

サックス買取参考価格一覧
メニュー
  • 初めての方へ
  • 最新買取実績
  • よくある質問
  • 中古販売(ネットショップ)
  • ヤフオク
  • メール問合せ