全国対応、お客様負担なし
092-410-0466 店頭買取はこちら
サックス馬鹿ブログ

今回はヤマハのソプラノサックス YSS-675を買取りさせて頂きました★

│ 2018年12月16日 │ カテゴリー: YAMAHA サックス買取 ソプラノサックス 買取 買取実績

ヤマハのソプラノ・サックスの買取りです。【YSS-675】

ソプラノ・サックスが入ってきました!

音程と操作性に定評のあるヤマハのソプラノです。

ソプラノ・サックスって一見、他のアルトやテナーより小さいから価格が安いと思ってしまいがちですが、

実はかなり高価なんですよね。

なぜかというと小さい分、部品の調整や加工がアルトやテナーよりも技術がいるのでどうしても価格が高くなってしまうんです。

サックスの中でもデリケ特にートで、息が入りやすいせいかちょっとしたアンブッシュアのゆるみで

音程が大きく変わります。

今では比較的手に入れやすい価格でいろいろなメーカー(特にアジア圏メーカー)が出していますが

やはりライブやソロで聞かせる、となると

このヤマハやヤナギサワ、そしてセルマーでないとキツい場面が多々あります。

特に音の厚みがメーカーによってかなり違いが出ますね。

 

ヤマハのソプラノサックスは、「YSS-62R(”R”はカーブド・タイプという意味です。)」がビンテージとして有名です。

アルトやテナー、バリトンではおなじみの「62」ですが、ソプラノだけは現在

62は製造されていません。

このビンテージ化しているYSS-62(YSS-62R)を復活させるというコンセプトで開発されたのが、「カスタムZ」…つまり

YSS-82ZとYSS-82ZRです。

 

ちなみにの今回買取りのYSS-675は62の後継機種で、この下のグレードにYSS-475があります。

このYSS-675の一番の特徴は「デタッチャブル・ネック」です。

つまり、アルトやテナーのように「ネックが外れる」という事です。

これは今ではソプラノ・サックスにとってあたり前の仕様になっていますが、

もともとはヤナギサワがソプラノサックスに世界で最初に採用したと言われています。

デタッチャブルはもちろんネックの形状で操作性や音が変わります。

通常はカーブド・ネックとストレート・ネックの2種類が用意されています。

また、ネック一体型のソプラノとも音個性が若干違いますね。


無料宅配買取のお申込みはコチラ

お問い合わせはこちらから

サイト内検索はこちら
お客様の声

カテゴリー

サックス買取参考価格一覧
メニュー
  • 初めての方へ
  • 最新買取実績
  • よくある質問
  • 中古販売(ネットショップ)
  • ヤフオク
  • メール問合せ