全国対応、お客様負担なし
092-410-0466 店頭買取はこちら
サックス馬鹿ブログ

ヤナギサワ Yanagisawa T902 テナーサックス 買取りさせて頂きました★

今回はYANAGISAWA ヤナギサワのブロンズ+ブラス管体機種「T-902」を買取させて頂きました★

ヤナギサワ「T902」はヤナギサワ現行機種のWO-02にあたるグレードです。ヤナギサワの場合、グレードを「軽い吹奏感」と「重い吹奏感」に分けているのが他ブランドと違う所です。このT902やWO-02も「入門機」というより「軽い吹奏感」というグレードになります。

(ヤナギサワの機種については→『【ヤナギサワほぼ全機種】サックス買取り専門店がYanagisawa ヤナギサワのサックスを高く買取る5つのチェックポイント!』を参照してください。)

(ブロンズ管体とブラス管体の吹き比べは→『Yanagisawa WOシリーズ 吹き比べ!!』も参考にして下さい。)

このT-902,なんといっても一番の特長は管体が「ブラスとブロンズの混合素材」という点です。通常はサックスの素材は「ブラス=真鍮」ですね。この管体はブラスに「ブロンズ=銅」を加えてある、という訳です。画像では分かりにくいかもしれませんが、本体部がキィと違って赤みがかっています。

yanagisawa_t902_

支柱やベル部リングが黄色くみえますよね?これはボディに銅が含まれていて、支柱やベル部リング(ブラス製)と色が違う為です。

このブロンズが含まれる割合がもっと多いのが現行機種のWO-20になります。ちなみにブロンズの割合が多くなる程に価格も上がります。

クランポンの現行機種「センゾ」などは本当に赤銅色をしていますね。

(クランポン「センゾ」ついては→『Crampon クランポン 「SENZO」 試奏しました!!!』を参照してください。)

個人的に感じるブロンズ管体の特長ですが、とにかく音が上品ですね。中音域にクッキリとした成分が加わる感じで、強く大きく吹くと遠くに音が響いていく感じがします。モコモコっとした感じ、ドロ臭さを出すよりは吹奏楽やクラシック的な響きやフュージョンや最近のR&Bのようなクリアな音を出すのに向いている感じがしました。

今回はキズ・へこみもなく、音もブロンズ+ブラスらしさが出ている程度の良い個体でした!

当店の音ヌケ査定なら、メーカー名で一律の査定額を決めるのではなく、吹奏感・こだわり箇所も査定に加味できますので、

ランク・ブランドを超えた査定額を期待できるかも!?

査定のお問い合わせお待ちしております☆

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

当店では、サックスプレイヤーでもある担当が、貴方の愛器を試奏させて頂き、適正な買取価格を付けさせて頂きます★

使わなくなって眠らせているサックスございましたら、ぜひ

「サックス買取lab ふくおか」にご連絡ください!

<サックス買取ラボ ふくおか>☆ネット買取受付中!実店舗は福岡県 古賀市

持ち込みでの買取りも大歓迎です!!福津市 宗像市 福岡市内 周辺からのお持ち込み

お待ちしております☆

☆☆☆「アナタの楽器を即査定!」査定ページはこちら♪→今すぐサックスの査定額を調べる ☆☆☆

 


無料宅配買取のお申込みはコチラ

お問い合わせはこちらから

サイト内検索はこちら
お客様の声

カテゴリー

サックス買取参考価格一覧
メニュー
  • 初めての方へ
  • 最新買取実績
  • よくある質問
  • 中古販売(ネットショップ)
  • ヤフオク
  • メール問合せ